グラン・トリノ-GRAN TORINO-

グラン・トリノ [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2009-09-16 )

定価:¥ 3,980 ( 中古価格 ¥ 1 より )

Amazon価格:¥ 1,448

時間:117 分

1 枚組 ( DVD )


クリント作品の中で個人的に「余韻に浸れる度No.1」
星5/★★★★★

本当にやりきれない映画を撮る監督ナンバーワンのクリント・イーストウッドの作品です。グラントリノとはクリント扮する主人公ウォルトの愛車です。タイトルにもあるように、この車が象徴的な存在として、物語に位置を占めています。これほど車を象徴的に描いた映画をを見たことがなかったかもしれません。。辛くて辛くてやりきれないシーンもありますが、物語の世界と、現実の世界との絶妙なバランスが天才的で、気づいたら見終わってしまうような作品です。そういうところがクリントマジックだと勝手に思っています。個人的にはグラン・トリノ最高でした。見終わった後のこの余韻。。他の映画では味わえません。感慨深いに尽きます。

とにかく、クリントの作品は本当に完成度が高いし、映画として完璧だと勝手に思っているので、みるなら夜中に一人で真剣に見てください。映画好きが、ネットなどで、小難しい批評(宗教やら、文化やらを絡めて、さもこれが答えだ的に)を並べていますが、見て、湧き上がった複雑な感情が、一番大切だと思うので、最初の一回目は気合入れてみて下さい。なんともいえない余韻に浸れると思いますよ。でも、思わず人と批評したり、話し合ったりしたくなるような映画なんですよね。クリント監督の映画って。秋の夜長におすすめの作品。個人的には是非小説化してほしい。

Trackback

TrackbackURL: http://n-blog.net/2009/11/09/324/trackback/

Comments

Comment Form