切りとれ、あの祈る手を by 佐々木中

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

★★★★★/星五つ

前作の「夜戦と永遠」は、少々敷居がたかかったけど、
今回は、ハードコアなまま、間口を広げることができた良作で、
専門知識等がなくても読みやすいと思います。
何度でも読み返す価値ある一冊。
装丁も素晴らしいです。
「テクストの変革こそが革命の本体」
本を、それはまさに自分自身を変革する行為。
言葉を使うすべての人が読むべきだと思う本です。

Trackback

TrackbackURL: http://n-blog.net/2010/12/23/563/trackback/

Comments

Comment Form